ibukisennsinn.jpg

illustration : Seigo Fukuda 

OORUTAICHI​ / オオルタイチ

1979年奈良県三宅町に生まれる。『漂流する内的民俗』をキーワードに1999年よりオオルタイチとして活動を開始。 電子音と非言語の歌が融合した音楽を展開する。当初は即興演奏を軸に楽曲制作を行っていたが、 90'ダンスホールレゲエとの出会いによりトラック制作を本格的に開始。かねてから衝動的な即興表現として用いられていた声の要素はパトワ語の響きに触発され自分流の言語で歌い上げる現在のスタイルへと発展 した。ソロ名義の他、バンド"ウリチパン郡"やYTAMOとの"ゆうき"などでも活動。

現在はコムアイとの熊野を舞台にした音楽制作、雅楽にフォーカスした石田多朗とのユニット"どんぶらこ" 、仏師浅村朋伸氏との古代琴の演奏・研究がメインワークとして進行中。